ストレスなどによる毒素は腸にたまります


現代はストレス社会。日常の生活を送っているだけなのに、知らないうちにストレスを抱えてしまい、体と心の悩みを抱えている方が多いです。

AngelTime(エンジェルタイム)腸セラピーを体験された方々の悩みも多岐にわたります。便秘、下痢、生理痛、不眠、肌荒れ、鬱、精神不安定などおなかの悩み、肌の悩み、精神的な悩みとあげられるます。腸セラピーで悩みを解決されて、健康で幸せな日々を送っていらっしゃいます。

腸セラピーで、なぜ身体的な症状からメンタルな症状まで、なぜ、解決するのでしょうか。

便秘や、下痢などお腹の悩みならば腸セラピーで腸をマッサージして解決することは、想像できます。でも、不眠、肌荒れ、鬱などは、どうして腸セラピーでよくなると思いますか?

腸を刺激することで腸の機能が活発になり、体内の環境が整ってきます。腸のまわりにはリンパが多くあり、腸への刺激はリンパも刺激され免疫力があがり、自然治癒力が高まります。

たとえば便秘の方は、かなりの量の宿便が出ます。宿便は慢性病のもとと言われていて、食べ物やストレスで体内に集まった毒が含まれています。食品添加物、有害化学物質など相当汚染されている物質は、腸内にたまりやすく、宿便として体外に排出されにくくなっています。

宿便は下剤ではなかなか排出されません。腸がしっかりと機能すると押し出されてきます。腸の機能が活発になると、体内の毒が排出されるようになるわけです。

腸は心と体の要

腸は心と体の要なので、腸の具合が悪いと、体のいろいろなところへの悪影響や、心の元気も失いかねないことになります。自然治癒力が落ちている状態になっています。この体内のバランスが崩れると、肥満、ニキビ、吹き出物、生理痛、生理不順、冷え性、不眠症などを招きます。

中国医学が教える未病

中国で古来から伝わる中国医学では、小腸は腸脳と言われます。体の中心として捉えています。健康な人の臓器は定位置にきれいに配置されています。不健康になると臓器の配置が狂ってきます。腸セラピーによって腸内環境を整えていくと、臓器は自ずと本来の位置に戻ろうとします。

「未病」という言葉は日本ではまだ聞き慣れない言葉かもしれません。
この言葉は2000年前の後漢の時代に、中国最古の医学書とされる「黄帝内経」 にはじめて見られます。
このなかで、「未病」とは「病気に向かう状態」を指し、この未病の時期を捉えて治すことの出来る人が医療者として最高人(聖人)であるとかかれています。(中略) 最近では予防医学への関心がたかまり、辞書にも「未病」という言葉が
普通に掲載されるようになりました。(一般社団法人 日本未病システム学会のホームページから)

日常の生活の中で、病気にならないようにするのはもちろんですが、この「未病(=病気予備軍)」にならないように調整をする施術として腸セラピーをおすすめしています。

「感情は内臓に宿る」と言われます。不安、恐れ、焦りの感情をお腹で感じた経験はありませんか?マイナスの感情は、そのままストレスになり臓器に直接影響が出ます。ストレスで胃が痛くなったりしますよね。そんなとき、いちばん簡単な手当がお腹をさすることです。無意識にしていませんか?

AngelTime(エンジェルタイム)でのサービス

日本での腸セラピーでの先駆者砂沢佚枝さんの著書「1日3分 腸もみ健康法」から、腸セラピーと出会ったきっかけが出ています。

「腸もみ健康法」との出会いは、私お母の病気がきっかけでした。
心理療法家の母は講演などで多忙な毎日を送っており、緊張することも多く、いつも便秘ぎみだったそうです。
「ある日、目の前にぱらぱらと髪の毛が落ちてきたの。払いのけようと思ったら、インクが広がったように目の前が真っ暗になっていった」と母はいいます。
母は眼底出血を起こしてしまったのです。
その後、眼科や心療内科などをたらいまわしにされたあげく、結局打つ手がないと判断されてしまいました。母は「このまま失明するのではないか」と落ち込んでいました。
ある日のこと。母の講演に来ていた中国系アメリカ人の医者が、母の眼底出血の話を聞いて、声をかけてきました。その人こそが「ヤング式腸もみ健康術」で世界的に活躍されているハワード・ヤングさんは「血液循環に問題があるなら効果があるはずですから、一度試してはいかがですか」とのヤングさんの誘いに、藁にもすがる思いでは母お願いしたそうです。
その後、驚いたことに、わずか4回、ヤングさんからの腸へのマッサージを受けただけで、母の眼底出血はウソのように治ってしまいました。

(1日3分 腸もみ健康法 (講談社+α新書) 砂沢佚枝・著 講談社+α新書 p4-5)

西洋医学の先生方が「打つ手はない」と判断された症状。しかし、4回の腸セラピー(マッサージ)で回復したのは、ご自身の免疫力の向上、回復が起こり、身体がもとにもどろうとする自己回復力が働いたからだと思います。

AngelTime(エンジェルタイム)でのセラピストによる腸セラピーは、この中国系アメリカ人医師のヤングさんから、砂沢佚枝さんへ受け継がれたものがベースになっています。腸セラピー+中国医学をベースとした健康法+心のバランスを整えるカウンセリングなどを並用し、笑顔のある毎日を送っていただくためのサービスを心がけています。

腸セラピーがきっかけで、笑顔のある毎日を実現した方々が、お料理や、自分でやる腸もみ、健康法などを学びながら楽しめるサロンとしても運営しています。


はじめての方には、最初に体のことや、生活のことなどを伺って、腸セラピーで体を触らせていただきながら、状態を診る面もあります。そして、無理なく状態をよい方向へ導くようにしています。

人により健康の状態は異なりますので、おひとり、おひとりにあわせたアドバイスをさせていただいています。
頑固な便秘にじっくり向き合うコースや、本科的に体質改善をするコース、ご自分でセラピーをする腸もみ、また、食生活の改善を薬膳料理の視点で指導するコースもあります。AngelTime(エンジェルタイム)は、あなたとに、このご縁を、ご自分のペースで活かしていただけたらと思っています。セラピストとして、みなさまの健康のお手伝いをさせていただいていることに感謝と歓びを感じています。

常にバージョンアップに努めています。だからか、家業当時からの末永いおつきあいをいただいているお客様がたくさんいらっしゃいます。


腸セラピーの施術風景

腸セラピーの効果

腸セラピーの効果、こんなに多岐にわたるんだと驚いています。

  • 便秘や下痢など、腸のトラブルの改善
  • 体、脚のむくみ
  • ぽっこり下腹
  • 全身のバランスが整う
  • 骨格から若返る
  • 皮膚の乾燥からくるかゆみ
  • 低体温・冷え性
  • 腰痛
  • 肩こり
  • イライラ
  • 偏頭痛
  • 口臭
  • 代謝アップ
  • くびれ
  • にきび、吹き出物

AngelTime(エンジェルタイム)サービスメニュー

AngelTime(エンジェルタイム)のサービスメニューこちらからご覧ください。

お気軽にお問い合わせください。090-6868-7377午前10時〜午後7時【完全予約制】不定休

お気軽にお問い合わせください。